世間の常識を捨てて、自由に生きよう
  
  自分の生き方や働き方に疑問を感じて
  私は持たないけれど、豊かに暮らす方法を選ぼうと、決意しました。


  でも、それはきっと世間の常識を捨ててしまうこと。


  会社でずっと安定して働き続ける。
  マイホームをもって、固定された場所で生きる。
  車をもって、どんどん買い換えていく。
  保険に手厚くはいること。


  だけど・・・
  これは、老後の為に備えていきる人生のような気がしてなりません。


  ずっとずっと、いまではなく、将来に向けて。
  しかも数十年後の。

  でも、私はやっぱりいま、を大切に生きていきたい。

  そんな時にちきりんさんの本に出会い、非常に共感しました。

  人生を30、40代をむかえたとき。


  いままでの常識とは違う
  自分の死を意識した生き方に変えていく。



  世間の常識だけをいつも気にしている自分に
  なんだか背中を押していただけました。

  本のフレーズより

  人生はいつまで続くかわからない
  くらだらない「世間のあるべき論」に汲々と従う生き方に対して
  立ち向かう原動力になる。

  常識を捨てる。

  もう、モノも捨ててしまった私ですが(笑)

  常識も、少しずつ手放していこうと思います。


  家は、持たない。
  物も、ほとんど持たない。


  その中で自分の人生に本当に必要なものを自分で考えて選んでいく。


  そして、今度は・・・ 老後の為だけにいきる人生ではなくて
  いまやりたいこと、送ってみたいライフスタイルを手に入れていきます。


  やっぱり、何かを捨てないと。
  何も手に入らない。



  捨てることって、捨てるだけではなくて
  あたらしい なにか を手に入れることにもなるんです。


  いままでの生き方を捨てることで、あたらしい生き方へ。
  いままでの常識を捨てることで、あたらしい価値観を手に入れる。



  それを選びたい。

  もう一度、次はやりたいことをやる人生へ。

  私も一歩、踏み出します!

    はてなブックマークに追加
    
Copyright (C) トップページへ戻る2006 All Rights Reserved.