教育費500万円では足りない?

  先日のレッスンの日に・・
  子供の教育について生徒さんとお話することがありました。

  いまや中学受験は当たり前になりつつありますが
  それよりも小学校から・・・というお話を聞いて。

  我が家だったら、教育費足りないな(汗)と思ってしまいました。

  うん、足りない・・・

  教育費の準備金はひとり、500万、1000万、2000万・・・?

  しかも、私は高校〜大学までに貯めればいいという
  とてもゆったりとした貯めかた・・・(遅い? 苦笑)

  と、子育て中のママさんとお話することで考えることはあります。

  いまや小学校、中学校から、かなりの教育費をかけている人はかけています。
  レッスン中は、そんな話を聞いて勉強させていただいたりしています。

  私は学歴重視・・・ ではないので、
  自分の好きなことを生かした仕事について幸せに生きてほしい。

  いまは・・・その時用に教育費を貯めている感じです。

  私が学生の頃、恥ずかしながら勇気を出して
  両親に「好きなお菓子・パン作りの学校かデザインの学校にいきたい」

  と、言ったことがありますが・・・
  あっさり却下されました(笑)

  「そんなものでは食べていけない」と。

  そして、私は末っ子だったので資金もなかったみたい(汗)

  でも、結局いまは自分で考えてパンの仕事をしているし・・・
  表現する方向の仕事をするようになったので。

  やっぱり、好きなこと、その方向に自然と人は動いていくのかな?
  とは、思っています。

  その為にいくらかかるのかは、正直まだわかりませんが
  とりあえず最低ひとり500万円。

  無理なくいまのところ貯めている感じではあります。

  教育費のかけ方は家庭によって違うとは思いますが
  私はなによりも「仕事は楽しいものだよ、好きな仕事をするんだよ」

  と、息子には言って、将来に希望をもって欲しいと思ってます。

  両親の育て方によって、子供の未来は変わってしまうかもしれません・・・。

  でも。

  本当は「〇〇の仕事がしたい」と思っていても
  親の期待に添わないと自分はダメな子なんだ。

  そう思ってしまう可能性もあると思うんです。

  私はそこをやっぱり大切にしてあげたい。

  学校の勉強ができない、スポーツができない。
  そのことで自信をなくしてしまうことが私には多々ありました。

  「なんて自分はできない子なんだ、ダメな子なんだ」って・・・
  本当に自信がなかった記憶があります。

  でも、斎藤一人さん(日本一の納税者さん)の本に出会って
  「学校の勉強ができないくらい、なんともない」
  「走るのがビリで、落ち込むな」

  という言葉に32歳でかなり心救われましたから。

  勉強、勉強って・・・ そればかり言われると
  逆にコンプレックスになることもあるんです。

  そいうこともあり・・・

  私は勉強・スポーツにこだわりすぎず、子育ては考えていこう。
  いまは、そう思えるようになりました。

  だから息子たちがいつか好きなこと、やりたいことがみつかったとき
  ちゃんと出してあげられるように、今月もコツコツ貯金中!

  いまは、そんな感じです。

  ちなみにいまは習い事はしていません、幼稚園にだけいかせてます^^

  子育てのことって、他人の意見を聞くと色々と考えますが
  いまは一人さんのおかげで気持ちがぶれずに色々と気が楽になりました。

  ということで?
  我が家はこのまま、500万円予算でがんばりますね!

  では、お読みいただきありがとうございます。

    はてなブックマークに追加

Copyright (C) トップページへ戻る2006 All Rights Reserved.