我が家の生命保険の保障内容


  さて、子供ができたことで保険を見直すことになりました。

  自分なりに考えてみたりしてみた結果。

  我が家はこういった保険に入ることになりました。

  まずここで、私たち夫婦の条件を書いておきます。
  それぞれに条件は違いますので、よーーーーく考えてみてください(笑)


  もしもどちらかがなくなったら、お互いに実家に帰れる環境である。

  これにより、家賃などの負担は少なくなります。
  子育てもお互いに両親に助けてもらいながら、働きにでることが可能!


  ローンなどの負債がお互いにない。

  我が家はローンなどの負債がゼロなので、私がなくなっても
  夫は大きなローンを一人で背負うことはありません。


  生活や子供の教育費を考えて、最低2,000万円の預貯金が残るよう
  
お互いに死亡保障をかけておく。

  いま手元にある預金にプラスいくらあれば、教育費や余裕資金が
  のこせるか?

  多すぎては保障が高くなりますし、私は夫にものこしておきたいので
  お互いのバランスを考えて加入することにしました。


  10年後にはいまよりも資産が2000〜3000万円は最低でも
  ふやしておけるように、
住宅や新車を買わない生活をえらぶこと。

  これにより、一定期間だけの死亡保障を選ぶことで
  保険金額をおさえることにしました。


  こういったことを考えての我が家の保障内容です。

夫婦の医療保険の保障内容
入院1日につき 5,000円 年間保険料=18,000円

月の掛け金=1,500円
通院1日につき 1,500円
交通事故による死亡 1,000万円
重度障害:事故・病気 700万円・350万円
病気による死亡 400万円


  これに!


  今回の保険相談で足りないな〜とおもっていた死亡保障を
  教育資金にも使えるタイプのものをえらびました!



  夫 死亡保障額 300万円

  私 死亡保障額 350万円



  15年で払込は完了し、そこからは払込額以上の返戻金
  (利息もプラスされて)がもどってくるタイプです


  保険の中でも利率が一番高い会社を選んでもらいましたよ〜♪



  これにより、預貯金とあわせて・・・・ 夫婦でお互いに2,000万円
  残すことになります。


  これで我が家の掛け捨ての保険料は年間36,000円になります。

  月払いにすれば3,000円になります。

  あとは毎月、教育費の積立として死亡保障をカバー^^


  それぞれに必要な金額は違うかと思います。


  我が家は保険会社さんに教えてもらい・・・
  教育資金用の積立を上手に保険に組み入れてみました♪



  これも見直し相談で考えたことです。


  家族でチカラをあわせてがんばりたいと思います!!


    はてなブックマークに追加
  
Copyright (C) トップページへ戻る2006 All Rights Reserved.